コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会津小鉄 アイヅノコテツ

4件 の用語解説(会津小鉄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あいづ‐の‐こてつ〔あひづ‐〕【会津小鉄】

[1845~1885]江戸末期の侠客(きょうかく)。本名、上坂仙吉。会津藩主松平容保(まつだいらかたもり)京都守護職の時、その配下に属して人夫徴集や雑用の請負に当たった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

会津小鉄 あいづの-こてつ

1845-1885 幕末-明治時代の侠客(きょうかく)。
弘化(こうか)2年生まれ。京都守護職となった陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩主松平容保(かたもり)の下で,会津方軍夫を指揮。維新後は京都,大阪に大勢力をきずき,清水次郎長(しみずの-じろちょう)らとならび称された。明治18年3月19日死去。41歳。本名は上坂仙吉。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

会津小鉄

没年:明治18.3.24(1885)
生年:弘化1(1844)
幕末明治期の侠客。京都守護職会津藩中間部屋の部屋頭。本名上坂仙吉,幼名鉄五郎。生国は不明。大坂四天王寺を母親と放浪し,母親は雪駄直し屋の女房となる。11歳のとき,家出し江戸に下って渡り中間になり,17歳で再び関西に戻る。文久2(1862)年,会津藩主松平容保が京都守護職として上洛した際に会津部屋に入りこみ,小柄なところから小鉄と異名をとる。全身70カ所の刀傷だらけで,左手は親指と人差し指しかなかったほどの暴れ者。慶応3(1867)年,喧嘩で人を殺し処刑されるところを同4年の徳川慶喜上洛で特赦となり,上坂音吉親分から盃をもらって一家を構える。明治16(1883)年の博徒狩りで捕らえられたときには洛南の吉田村に城砦のような賭場を構え,翌17年8月の出獄祝いには7500人の子分が集まったという。18年3月には小鉄鉄道馬車会社を企画したが,実現せぬままに死んだ。<参考文献>藤田五郎『任侠百年史』

(平岡正明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

あいづのこてつ【会津小鉄】

1845~1885) 幕末・明治前期の俠客。松平容保かたもりが京都守護職にあったとき、会津部屋に奉公し、人夫徴集などにあたった。維新後、子分数千人を擁して京阪に威をふるった。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

会津小鉄の関連キーワードボードイン後藤三右衛門(2代)スタング(父子)河野安信鈴木庸寿会津小鉄光の科学史東京芸術大学120周年巨文島事件グラント

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

会津小鉄の関連情報