コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝助賭博 デンスケトバク

4件 の用語解説(伝助賭博の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

でんすけ‐とばく【伝助賭博】

街頭で行う詐欺賭博の一種。円板上を回る針が止まる所を予想して賭(か)けるもの。昭和10年(1935)宇都宮競馬場外で刑事増田伝助がこれを見破り検挙したところからの名称という。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

でんすけとばく【伝助賭博】

移動できる台を使って,てきやが行う街頭賭博のこと。単に伝助ともいう。タバコの空箱3個を並べて印のあるものをあてるモヤガエシガラス張りの台のなかの針のさす場所をあてるドッコイドッコイ,紙を丸めた小さな玉を使うモミダマなど各種ある。いずれもしかけがあるかさくらを使う〈いかさま〉で,客には〈やらずぶったくり〉といって賭金をとらせない。伝助は人名と思われるが語源は不明。また,携帯式テープレコーダーを〈でんすけ〉と呼ぶのは移動できる台にちなむという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

でんすけとばく【伝助賭博】

街頭で行ういんちき賭博の総称。
賭博の一。放射線を描いた円盤の中心に棒を水平に支え、これを回して止まった所を当たりとするルーレット式の賭博。でんすけ。ぶん回し。 〔語源未詳。この街頭賭博を検挙するのを得意とした刑事の名からとする説、また賭博に使う移動しやすい台の名称とする説がある〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伝助賭博
でんすけとばく

移動しやすい台(これをデンスケとよぶ)を使って街頭で行うイカサマ博奕(ばくち)。たばこの箱を使う「ピース抜き」「モヤ返し」、円盤に回転する針を仕掛けて、その円周上の文字に賭(か)けさせ、針を回し、回転が止まって針のさしたところが当りになる「ドッコイ・ドッコイ」、そのほか「モミダマ」「赤黒」など多数ある。いずれも手さばきでごまかしたり、仲間のサクラに当りをとらせたり、ときには暴力沙汰(ざた)にも及ぶイカサマ賭博である。[稲垣史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone