コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝熱媒体 でんねつばいたいheating medium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伝熱媒体
でんねつばいたい
heating medium

装置とか機械類の操作温度を制御する目的で熱エネルギーを供給または除去するために使用される流体。加熱に用いられるものは熱媒,冷却に用いられるものは冷媒という。熱媒としては水蒸気が最も広く用いられているが,特に高温触媒としてはアメリカのダウ・ケミカルで開発された「ダウサーム」 Dowthermが有名である。ダウサームAは,ジフェニルオキサイド (73.5%) とジフェニル (26.5%) の共融混合物,沸点が 257℃で 200~350℃の加熱に適する。冷媒としては水が最も普通である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

でんねつ‐ばいたい【伝熱媒体】

熱媒体

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

伝熱媒体の関連キーワードビフェニルボイラー蒸発缶

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android