伝熱媒体(読み)でんねつばいたい(英語表記)heating medium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伝熱媒体
でんねつばいたい
heating medium

装置とか機械類の操作温度を制御する目的で熱エネルギーを供給または除去するために使用される流体。加熱に用いられるものは熱媒,冷却に用いられるものは冷媒という。熱媒としては水蒸気が最も広く用いられているが,特に高温触媒としてはアメリカのダウ・ケミカルで開発された「ダウサーム」 Dowthermが有名である。ダウサームAは,ジフェニルオキサイド (73.5%) とジフェニル (26.5%) の共融混合物,沸点が 257℃で 200~350℃の加熱に適する。冷媒としては水が最も普通である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android