コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝統的論理学 でんとうてきろんりがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伝統的論理学
でんとうてきろんりがく

「伝統的」という語は,他の分野と等しく論理学においてもめざましい変化,進歩のあった時期には常に先行する時代のものにつけられる語である。論理学においては常に系統的な形で初めて論理学を論じたアリストテレスの業績が,その中核をなす形で存在していた。そして今日ではその成果を受けた中世スコラ哲学者たちが精錬していった論理学を,19世紀後半の命題推理を徹底的に記号化して急速に発展した形式もしくは記号論理学と対比するときの呼び名である。この論理学は命題を主として (1) 主語述語関係から,すなわち主語の示す実体が述語の示す属性をもつか否かという内包的見地 (現在は述語論理学に吸収されている) と,(2) 定言命題の主語および述語の外延の包含関係から論じる量的,外延的見地 (現在はクラス論理学に吸収されている) の2面から検討するものであるが,現在では,名辞の外延の成員の存在を前提している主語-述語関係でのみ考えているため,関係を十分に表現しえない,命題の論理的結合子の考察が不十分である,などの点が批判されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

でんとうてきろんりがく【伝統的論理学】

アリストテレスに遡源する三段論法中心の形式論理学を、現代の記号論理学に対比して呼ぶ語。古典論理学。 ↔ 記号論理学

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

伝統的論理学の関連キーワードブラッドリー(Francis Herbert Bradley)トートロジー格(論理学)名辞論理学充足理由律命題論理学オルガノン三段論法排中律結合子ゴブロ弁証学主概念同一律判断矛盾様相換質概念対偶

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android