伯家部類(読み)はっけぶるい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「伯家部類」の解説

伯家部類
はっけぶるい

白川家部類』ともいう。谷口祐之編。2巻。神祇伯白川家が管掌した宮廷神事の古代から江戸時代中期にいたる記録を類別に編纂集成した家伝書。神祇官のことから伯無喪服のことまでの 24項目から成る。 (→伯家神道 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「伯家部類」の解説

はっけぶるい【伯家部類】

神祇伯白川家の管掌した神事を部類わけし記した書。《白川家部類》《白川家秘記》《神事部類抄》などとも称す。2巻。神祇官の長官神祇伯には,1046年(永承1)花山天皇皇子清仁親王の子延信王が就任して以来世襲,伯家(白川家)としての職を管掌してきたが,宝暦年中(1751‐64)神祇伯雅富王が,谷口祐之に命じ撰させた書。宮廷神事について同家伝来の文書記録類より部類ごとに抄出した書で,神祇伯の職掌より宮廷神事の実際を知る上の根本史料の一つ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android