伯耆国分寺跡(読み)ほうきこくぶんじあと

国指定史跡ガイドの解説

ほうきこくぶんじあと【伯耆国分寺跡】


鳥取県倉吉市国府(こう)・国分寺にある寺院跡。国府川左岸の丘陵上に、奈良時代に創建された。以前から丘陵末端で瓦などが発見されており、また、寺域の西辺と北辺には土塁と堀が残っていたので、伯耆国分寺跡であることは知られていたが、伽藍(がらん)配置などのくわしいことは不明だった。発掘調査によって、寺域は東西182m、南北160mであることが明らかになった。周囲に溝をめぐらし、内側の東・西・北に土塁、南に築地塀をめぐらして区画している。寺院域の西寄りに南門、金堂、講堂などの遺構が、東南隅近くで塔の遺構が確認された。塔跡からは風鐸(ふうたく)や錫杖(しゃくじょう)頭、多量の瓦などが出土した。国分寺は平安時代の948年(天暦2)に焼失したと伝えられているが、造営時の軒丸瓦(のきまるがわら)や軒平瓦は、伯耆国分寺特有の文様をもつことが判明している。また風鐸はほぼ完全な形の稀な例である。1974年(昭和49)、国の史跡に指定され、現在は歴史公園として整備されている。西側には伯耆国庁跡、北側には法華寺畑遺跡が近接してある。JR山陰本線倉吉駅から日ノ丸バス「歴史公園前」下車、徒歩すぐ。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android