薬師堂(読み)ヤクシドウ

精選版 日本国語大辞典の解説

やくし‐どう ‥ダウ【薬師堂】

[1] 〘名〙 薬師如来の像を安置してある堂舎
※西大寺資財流記帳‐宝亀一一年(780)「一部 官納 在薬師堂」
[2] 高知県長岡郡大豊町にある真言宗智山派の寺、豊楽寺(ぶらくじ)の本堂。平安末期の建立で国宝。本尊の薬師如来は、古来、日本三薬師の一つといわれた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薬師堂の関連情報