コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伴淳三郎 ばんじゅんざぶろう

3件 の用語解説(伴淳三郎の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

伴淳三郎【ばんじゅんざぶろう】

俳優。山形県出身。本名鈴木寛定(ひろさだ)。早くから大衆演劇を転々とし,1927年日活に入社するが,売れないまま映画界と演芸界を放浪。1942年〈伴淳喜劇座〉を主宰し各地を巡業。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伴淳三郎 ばん-じゅんざぶろう

1908-1981 昭和時代の映画俳優。
明治41年1月10日生まれ。長い下積みのあと昭和26年映画「吃七(どもしち)捕物帖一番手柄」でつかった台詞(せりふ)「アジャパー」が流行し,人気コメディアンとなる。のちシリアスな役柄でも成功。昭和56年10月26日死去。73歳。山形県出身。本名は鈴木寛定(ひろさだ)。出演作品に「二等兵物語」シリーズ,「駅前」シリーズ,「飢餓(きが)海峡」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ばんじゅんざぶろう【伴淳三郎】

1908‐81(明治41‐昭和56)
〈バンジュン〉の愛称と,1950年代の流行語となった〈アジャパー〉なる受けことばで親しまれたコメディアン。本名鈴木寛定(ひろさだ)。山形県米沢市に生まれ,貧しい南画家を父にもち,幼いころから各地を転々とした。剣戟(けんげき)が看板の大衆演劇に加わったりしたが,1927年,日活時代劇部の大部屋に入り,伴淳三郎を芸名とする。やがて珍優として売り出すが,いまひとつ〈看板〉になれないまま,映画界と演芸界をまたにかけてがんばる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の伴淳三郎の言及

【駅前旅館】より

…製作は東宝の子会社,東京映画。いずれも森繁久弥,伴淳三郎,フランキー堺のトリオを主役に,毎回変わる設定のなか,3人の持味を生かし,人情コメディを基本に,ドタバタ喜劇の活力,社会風俗の同時代性,新旧世代の心情の違いによる哀感などを巧みに取り入れ,人気を博した。《駅前旅館》は,井伏鱒二の同名小説を原作とする豊田四郎監督作品で,上野駅前の旅館の番頭(森繁)とライバル旅館の番頭(伴淳)と旅行社の添乗員(フランキー)を中心に(この3人の芸達者の〈芸〉が大きな見せどころになる),移りゆく旅館街のてんやわんや,お色気騒動などが描かれ,風俗映画の佳作となっている(例えば地方から慰安旅行に出てきた新興宗教団体の一行に〈今流行のドカビリを見せてけれ〉と請われたフランキー堺が三味線をギターに見たててロカビリー歌手を熱演すると,そのリズムに乗った一行から賽銭が飛んでくるといったシーンがある)。…

※「伴淳三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伴淳三郎の関連情報