清川虹子(読み)きよかわ にじこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清川虹子 きよかわ-にじこ

1912-2002 昭和-平成時代の女優。
大正元年11月24日生まれ。昭和3年初舞台,浅草軽演劇をへて34年「只野凡児・人生勉強」で映画デビュー。古川緑波(ろっぱ),榎本(えのもと)健一,柳家金語楼らの喜劇映画に出演。のち「復讐するは我にあり」などでシリアスな演技をみせた。テレビ,舞台でも活躍。平成14年5月24日死去。89歳。千葉県出身。神田女学園卒。本名は関口はな。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の清川虹子の言及

【軽演劇】より

…その一党が中心となって33年に浅草常盤座で〈笑いの王国〉が旗揚げした。役者として生駒雷遊(いこまらいゆう)(1895‐1964),山野一郎,古川緑波(ロッパ),大辻司郎(1896‐1952),渡辺篤(1896‐1977),関時男,清川虹子ら,作家陣に菊田一夫,大町竜夫,貴島研二,山下三郎らが加わった。一夜づけの脚本による,いわゆる〈アチャラカ芝居〉なる言葉はここから生まれた。…

※「清川虹子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android