コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伴食 バンショク

デジタル大辞泉の解説

ばん‐しょく【伴食】

[名](スル)
主客の伴(とも)をして、ごちそうになること。相伴(しょうばん)。陪食(ばいしょく)。「伴食の栄を賜る」
実力や実権がなく、その職にあっても何もせず他の人のなすに任せていること。「伴食大臣」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばんしょく【伴食】

( 名 ) スル
主客のお伴をして御馳走を受けること。相伴しようばん。陪食。
地位にはついているが、実権の伴わないこと。 「 -大臣」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

伴食の関連キーワード晚・万・伴・判・挽・晩・板・番・盤・磐・蕃・蛮・蠻・輓伴食宰相陪食大臣

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android