コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相伴 ショウバン

2件 の用語解説(相伴の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ばん〔シヤウ‐〕【相伴】

[名](スル)
連れ立って行くこと。また、その連れの人。
「貴公子仲間の斐誠がいつもいっしょに来る。それに今一人の―があって」〈鴎外魚玄機
饗応の座に正客の連れとして同席し、もてなしを受けること。または、人の相手をつとめて一緒に飲み食いをすること。また、その人。「社長のお相伴で宴席に出る」「今日は私がお相伴させていただきます」
他とのつり合いや行きがかりで利益を受けること。また、他の人の行動に付き合うこと。「お土産のお相伴にあずかった」「友人に相伴して映画を見にいく」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうばん【相伴】

( 名 ) スル
正客のそばにいてともにもてなしを受けること。また、その人。おしょうばん。 「お-にあずかる」
主となる人に従って、同じ行動や経験をすること。 「我等も仲間に加えて尠しく-させ給へ/近世紀聞 延房

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

相伴の関連情報