主客(読み)しゅかく

精選版 日本国語大辞典「主客」の解説

しゅ‐かく【主客】

〘名〙 (「かく」は「」の漢音)
人と客人
※田氏家集(892頃)下・毒酔吟呈座客「飲酒卯前百鍾、黄昏主客酔相
② 主なものと従なもの。より重要なものとそうでないもの。中心人物と脇役
※授業編(1783)二「書籍は限もなく多くして人の記臆と年命とは限あれば、よむところの書に主客(シュカク)を弁じ」
③ 哲学で、主観客観。主体と客体。
の研究(1911)〈西田幾多郎〉一「純粋経験説の立場より見れば、こは実に主客合一、知意融合の状態である」
古代の中国で、四方賓客を接待する役目をもった者の職名。〔史記‐滑稽列伝〕
文法で、主格と客格。主語と客語。

しゅ‐きゃく【主客】

〘名〙 (「きゃく」は「客」の呉音)
日葡辞書(1603‐04)「Xuqiacu(シュキャク)。テイシュ、キャクジン」
② 客の中で主だった人。主賓

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「主客」の解説

しゅ‐かく【主客】

主人と客。しゅきゃく。
主なものと、それに関係のあるつけたりのもの。しゅきゃく。「主客ところえる」
文法で、主語客語
哲学で、主観客観主体客体
昔、中国で外国からの賓客を接待する役の者。
[類語]主従

しゅ‐きゃく【主客】

客のうちの主だった人。主賓しゅひん
しゅかく(主客)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android