コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主客 シュカク

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐かく【主客】

主人と客。しゅきゃく。
主なものと、それに関係のあるつけたりのもの。しゅきゃく。「主客処(ところ)を易(か)える」
文法で、主語客語
哲学で、主観客観主体客体
昔、中国で外国からの賓客を接待する役の者。

しゅ‐きゃく【主客】

客のうちの主だった人。主賓(しゅひん)。
しゅかく(主客)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅかく【主客】

〔「しゅきゃく」とも〕
主人と客。
主な事と、付けたりの事。 「 -処ところをかえる」
主体と客体。主語と客語。

しゅきゃく【主客】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

主客の関連キーワードコペルニクス的転回牛追い牛に追われる転倒・顛倒・顚倒牛追い牛に追わるエクスタシス寄せ鍋・寄鍋挙句(揚句)茶湯一会集経験批判論西田幾多郎結婚披露宴シェリング西晋一郎純粋経験一期一会事上磨練無分別智和敬清寂一座建立官休庵

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

主客の関連情報