(読み)トモ

デジタル大辞泉の解説

とも【伴】

世襲的職務をもって大和朝廷に仕えた官人一団。のちに部(べ)制度発展・編成された。

はん【伴】[漢字項目]

常用漢字] [音]ハン(漢) バン(呉) [訓]ともなう とも
〈ハン〉
連れ。とも。「伴侶(はんりょ)
ともなう。連れて行く。おともをする。「随伴同伴
〈バン〉ともなう。「伴食伴走伴奏相伴(しょうばん)
[名のり]すけ
[難読]伴天連(バテレン)

ばん【伴】

姓氏の一。
[補説]「伴」姓の人物
伴蒿蹊(ばんこうけい)
伴信友(ばんのぶとも)

ばん【伴/判/板/絆/蕃】[漢字項目]

〈伴〉⇒はん
〈判〉⇒はん
〈板〉⇒はん
〈絆〉⇒はん
〈蕃〉⇒はん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とも【伴】

大和政権の特定の職務を世襲的に分掌する官人集団。伴造とものみやつこに統率・管理される。殿守とのもり・水取もいとり・掃守かにもり・門守かどもり・史ふひとなどが五世紀に成立。部民制創設後は、支配下の農民集団とともに部に組織された。 →

とも【伴】

姓氏の一。

ばん【伴】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


とも

古代国家において、各豪族は世襲的職務をもって朝廷に奉仕したが、そのような官人の一団をいう。伴とは、大王の従者(トモ=供)、一団の人々(トモ=友・朋)の双方を意味する語であろう。したがって、伴造=トモノミヤツコもトモであり、もベとトモの両様に読まれたから上下の区分はなく、大伴(おおとも)氏、物部(もののべ)氏のような大族もその名のようにトモであった。やがて伴造(トモノミヤツコ)―伴(トモ)―品部(シナベ、シナジナノトモ)の身分差が生まれ、官人層を「臣、連、伴造、国造、百八十部」と総称すると、その百八十部(モモアマリヤソノトモ)が伴に該当するようになる。それは伴造のもとで多くの職務に分掌し、それぞれに品部を率い、朝廷の各部局を構成した。
 その遺制は、律令(りつりょう)制の伴部(トモベ、トモノミヤツコ)―品部・雑戸(シナベ・ザッコ)として組織された。それによると、伴とは、門部(カドモリ=諸門の守衛)、物部(モノノベ=刑罰)、神部(カンベ=祭祀(さいし))、殿部(トノモリ=殿舎の管理、乗輿(じょうよ)の供進)、掃部(カニモリ=宮廷の清掃)、水部(モヒトリ=水氷の調進)、膳部(カシワデ=食物の調理)、史部(フヒト=記録・文書の作成)、蔵部(クラヒト=倉庫の管理・出納)などのほか、鍛冶(カヌチ)、鞍部(クラツクリ)、錦織(ニシコリ)、陶部(スエツクリ)、呉服(クレハトリ)などの品部を率いる伴もあった。しかし、身分制の変化、品部・雑戸の解放などによって、トモはしだいに一般用語としての従者の意に移行するようになる。[平野邦雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

とも【伴】

姓氏の一つ。

とも‐ない ‥なひ【伴】

〘名〙 (動詞「ともなう(伴)」の連用形の名詞化)
① いっしょに行くこと。また、同伴の人。つれ。同伴者。
※源氏(1001‐14頃)横笛「この同じ所の御ともなひを、ことにをかしきふしもなきひじり詞なれど」
② 友人。友達どうし。
俳諧・物種集(1678)「科見ゆるしてかたる友なひ 一てつも人にすくれし上手芸〈外風〉」

とも‐な・う ‥なふ【伴】

(「なう」は接尾語)
[1] 〘自ワ五(ハ四)〙
① いっしょに行く。連れになる。つき従う。付随する。つれだつ。
※将門記承徳三年点(1099)「其の操を聞けば、則ち盗賊に伴(トモナヘ)り」
※山家集(12C後)中「柴の庵は住み憂き事もあらましを友なふ月の影なかりせば」
② ある事と同時に他の事が存在する。また、ある事に付随して他の事が生じる。
※草枕(1906)〈夏目漱石〉一「此景色が景色としてのみ、余が心を楽ませつつあるから苦労も心配も伴はぬのだらう」
③ つりあいがとれる。「収入に伴った生活」
[2] 〘他ワ五(ハ四)〙
① 引き連れて行く。付き添わせる。
※続日本紀‐天平神護元年(765)三月五日・宣命「人にもいざなはれず、人をも止毛奈(トモナハ)ずして」
② ある事に付随して他の事を同時に生じさせる。あわせ持つ。
※ヰタ・セクスアリス(1909)〈森鴎外〉「その作中の人物が、行住坐臥造次顛沛、何に就けても性欲的写象を伴ふのを見て」
[3] 〘他ハ下二〙 連れて行く。
※万葉(8C後)一九・四一五六「島つ鳥 鵜飼(うかひ)等母奈倍(トモナヘ) 篝さし なづさひ行けば」

はん【伴】

〘名〙 ともなうこと。ひきつれること。また、ひきつれる人。とも。つれ。
※文明本節用集(室町中)「作師成伴 シトナリハントナル」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【氏姓制度】より


[政治制度としての氏姓制度]
 このような制度は,原始共同体において,氏族や部族が社会の単位となった,いわゆる氏族制度とは異なる。もちろん,氏姓制度の基盤も,血縁集団としての同族にあったが,それが国家の政治制度として編成しなおされ,同族のなかの特定のものが,(おみ),(むらじ),伴造(とものみやつこ),国造(くにのみやつこ),それに百八十部(ももあまりやそのとも)などの地位をあたえられ,それに応ずる氏姓を賜ったところに特色がある。その成立時期は,おそらく5,6世紀をさかのぼらないであろう。…

【伴造】より

…〈ばんぞう〉ともいう。伴(とも)は〈友〉であると同時に〈供〉をも意味し,朝廷を代表する大王に奉仕・従属する集団を指すことばで,造はそのかしらの意。日本では,7世紀後半に律令制による国家が成立したが,それに先立つ5~6世紀を中心とした時代は,諸氏族に朝廷の職務を分担させる体制で運営された(氏姓制度)。…

【部民】より

… 日本古代の部の制度は,魏もしくは三国時代の百済の制度を入れたものといわれる。もともと宮廷には伴(とも)・伴緒(とものお)とよばれる官人の一団があり,内廷の職務を分掌していたが,5,6世紀ごろ朝鮮三国から多くの帰化人を迎え,広範な分掌組織をともなう外廷を成立せしめた。その上部に官人の統率者としての臣(おみ)・連(むらじ)・伴造(とものみやつこ)という階層,その下に実務を担当する百八十部(ももあまりやそのとも),そして各職務に応じ生産・貢納に従う品部(しなべ∥しなじなのとも)という,上下の統属関係にもとづくピラミッド型の官司制を成立させたと考えられる。…

※「伴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伴の関連情報