低温タール(読み)ていおんタール(英語表記)low-temperature tar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

低温タール
ていおんタール
low-temperature tar

低温乾留によって得られるコールタール。原料石炭として一般に非粘結炭 (無煙炭褐炭泥炭) を用い,500~600℃で乾留するとタールの発生量は最大となる。クレゾールのような酸性分 (主としてフェノール同族体) とパラフィンナフテンなどの脂肪族炭化水素を含み,高温タールに比較して芳香族性が少い。日本では第2次世界大戦前から戦時中にかけて,液体燃料の原料として盛んにつくられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ていおんタール【低温タール】

石炭の低温乾留によって得られるタール。鎖式さしき不飽和炭化水素を多く含む液体燃料を得ることができる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の低温タールの言及

【乾留】より

…低温乾留は500~600℃で行われ,一般に非粘結炭を原料とする。このとき得られる低温タールは,高温乾留にくらべて,生成量は多いが芳香族化合物が少なく,脂肪族化合物に富んでいる。石油代替の液体燃料として用いられる。…

※「低温タール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android