コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住吉祭 すみよしさい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

住吉祭
すみよしさい

大阪府大阪市住吉区住吉大社で,毎年 7月の海の日と 7月30日~8月1日にかけて行なわれる例祭。本来は旧暦 6月みそか~7月1日の祭りで「おはらい」とも呼ばれ,大阪の夏祭りを締めくくるの祭りとして知られている。海の日に住吉公園で神輿大阪湾の海水で清める神輿洗神事があり,7月30日の宵宮祭に続き,翌 31日に中心行事の例大祭および夕刻の夏越祓神事(なごしのはらいしんじ),8月1日に堺の宿院頓宮への神輿渡御が行なわれる。夏越祓神事では,1929年から住吉同盟組合の芸妓が務める夏越女や稚児などが小祓串と 8cmほどに切ったスゲを 4本束ねたものを持って,「住吉の夏越祓する人は,千年(ちとせ)のよはひのぶといふなり」という歌を唱えながら茅(ち)の輪をくぐり,河原と呼ばれる場所で小祓串を用いて身をはらう。翌 8月1日は,午後,神輿が行列を組んで神社を出発し,途中大和川を渡る際には川のなかを練りながら,「べーら,べーら」のかけ声とともに宿院頓宮に向かう。この神輿渡御は鎌倉時代以来の祭りで,しばらくとだえていたが,2005年に復活した。鎌倉時代に宿院頓宮に着くと大祓が行なわれていたのにならって,神事のあと飯匙堀(いいがいぼり)にて「荒和大祓神事(あらにごのおおはらいしんじ)」と呼ばれる大祓が行なわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

住吉祭

愛染まつり、天神祭と並ぶ大阪三大夏祭り。住吉大社の創建は211年とされ、住吉祭は731年の記録に初めて登場する。夏に流行した疫病などを鎮める意味があり、古くは「おはらい」と呼ばれた。ルイス・フロイスシーボルト書物でも紹介され、江戸時代には「摂河泉摂津河内和泉)一の大祭」とされた。2013年から子ども神輿も始まった。

(2015-05-30 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

住吉祭の関連キーワード

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

住吉祭の関連情報