佐々木 安五郎(読み)ササキ ヤスゴロウ

20世紀日本人名事典「佐々木 安五郎」の解説

佐々木 安五郎
ササキ ヤスゴロウ

明治・大正期の政治家 衆院議員(新正倶楽部)。



生年
明治5年1月17日(1872年)

没年
昭和9(1934)年1月1日

出生地
山口県豊浦郡阿川村(現・豊北町)

別名
号=照山

学歴〔年〕
九州学院〔明治27年〕卒

経歴
明治27年日清戦争に出征、のち台湾総督府吏員となったが、すぐ辞職、雑誌「高山国」を発刊、また「台湾民報主筆となり、総督府を批判した。37年大和の資産家土倉鶴松の依嘱内蒙古探検、“蒙古王”といわれた。帰国後41年以来衆院議員当選4回、又新会、立憲国民党革新倶楽部、新正倶楽部などに属し、野党闘将として活躍。浪人会にも所属。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和「佐々木 安五郎」の解説

佐々木 安五郎
ササキ ヤスゴロウ


肩書
衆院議員(新正倶楽部)

別名
号=照山

生年月日
明治5年1月17日

出生地
山口県豊浦郡阿川村(現・豊北町)

学歴
九州学院〔明治27年〕卒

経歴
明治27年日清戦争に出征、のち台湾総督府吏員となったが、すぐ辞職、雑誌「高山国」を発刊、また「台湾民報」主筆となり、総督府を批判した。37年大和の資産家土倉鶴松の依嘱で内蒙古を探検、“蒙古王”といわれた。帰国後41年以来衆院議員当選4回、又新会、立憲国民党、革新倶楽部、新正倶楽部などに属し、野党闘将として活躍。浪人会にも所属。

没年月日
昭和9年1月1日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典「佐々木 安五郎」の解説

佐々木 安五郎 (ささき やすごろう)

生年月日:1872年1月17日
明治時代;大正時代の政治家。衆議院議員
1934年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android