コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浪人会 ろうにんかい

2件 の用語解説(浪人会の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ろうにんかい【浪人会】

玄洋社黒竜会に連なる国家主義団体。1908年,田中弘之の主唱によって,〈憂国の志士〉をもって任ずるいわゆる〈浪人〉のクラブとして創立された。玄洋社同人中,福岡県出身以外の人々を主としていた。三浦梧楼,頭山満,佐々木安五郎古島一雄,小川運平らを中心に,国家主義的世論の喚起,反デモクラシー運動で活発な行動を展開した。18年,黒竜会とともに〈大阪朝日新聞膺懲(ようちよう)運動〉(白虹(はつこう)事件)を行い,また同会の行動を非難した雑誌《日本及日本人》にも攻撃を加えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浪人会
ろうにんかい

明治末から大正にかけての黒竜会(こくりゅうかい)系の国家主義団体。1908年(明治41)田中弘之(ひろゆき)(舎身(とねみ))の主唱により、頭山満(とうやまみつる)、三浦梧楼(ごろう)、佐々木安五郎らを中心に政界浪人のクラブとして創立された。米騒動後のデモクラシーの風潮に抵抗し、大阪朝日新聞筆禍事件(白虹(はっこう)事件)を機に朝日膺懲(ようちょう)国体擁護の運動をおこし、東京、大阪、京都で演説会を開き、朝日の広告主に広告を出さぬよう脅かした。吉野作造(さくぞう)が『中央公論』誌上で同会を批判すると、立会い演説を申し入れたが、1918年(大正7)11月23日、東京・神田の南明倶楽部(なんめいくらぶ)で開かれた集会では、聴衆は圧倒的に吉野を支持。12月1日、朝日がこれまでの急進的論調変更の意を表したこともあって、以後浪人会の表だった運動はみられなかった。[松尾尊兌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浪人会の関連キーワード内田良平玄洋社猶存社黒竜会超国家主義岡喬河村武道葛生能久高村謹一安永東之助

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone