コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浪人会 ろうにんかい

2件 の用語解説(浪人会の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ろうにんかい【浪人会】

玄洋社黒竜会に連なる国家主義団体。1908年,田中弘之の主唱によって,〈憂国の志士〉をもって任ずるいわゆる〈浪人〉のクラブとして創立された。玄洋社同人中,福岡県出身以外の人々を主としていた。三浦梧楼,頭山満,佐々木安五郎古島一雄,小川運平らを中心に,国家主義的世論の喚起,反デモクラシー運動で活発な行動を展開した。18年,黒竜会とともに〈大阪朝日新聞膺懲(ようちよう)運動〉(白虹(はつこう)事件)を行い,また同会の行動を非難した雑誌《日本及日本人》にも攻撃を加えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浪人会
ろうにんかい

明治末から大正にかけての黒竜会(こくりゅうかい)系の国家主義団体。1908年(明治41)田中弘之(ひろゆき)(舎身(とねみ))の主唱により、頭山満(とうやまみつる)、三浦梧楼(ごろう)、佐々木安五郎らを中心に政界浪人のクラブとして創立された。米騒動後のデモクラシーの風潮に抵抗し、大阪朝日新聞筆禍事件(白虹(はっこう)事件)を機に朝日膺懲(ようちょう)国体擁護の運動をおこし、東京、大阪、京都で演説会を開き、朝日の広告主に広告を出さぬよう脅かした。吉野作造(さくぞう)が『中央公論』誌上で同会を批判すると、立会い演説を申し入れたが、1918年(大正7)11月23日、東京・神田の南明倶楽部(なんめいくらぶ)で開かれた集会では、聴衆は圧倒的に吉野を支持。12月1日、朝日がこれまでの急進的論調変更の意を表したこともあって、以後浪人会の表だった運動はみられなかった。[松尾尊兌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone