佐々木 素雲(読み)ササキ ソウン

20世紀日本人名事典「佐々木 素雲」の解説

佐々木 素雲
ササキ ソウン

大正・昭和期の彫刻家



生年
明治25(1892)年3月28日

没年
昭和43(1968)年12月23日

出生地
秋田県

本名
佐々木 三之助

学歴〔年〕
東京美術学校(現・東京芸術大学)彫刻別科卒

主な受賞名〔年〕
秋田県文化功労章

経歴
明治44年上京し、米原雲海師事。大正15年帝展に木彫「安痒」が初入選。また東京美術学校彫刻別科で朝倉文夫塑像を学び、以後帝展に出品を続けた。昭和20年郷里に疎開戦後もそのまま秋田市で制作活動を続け、上野の日彫展に作品を発表。傍ら地方美術の振興と文化財の保護に尽力、秋田県総合美術連盟の設立や県文化財専門委員などを務めた。代表作に「満州国皇帝勅額」「曹洞宗大本山総持寺後醍醐天皇等身像」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android