佐々木嘉太郎(読み)ささき かたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木嘉太郎 ささき-かたろう

1841-1914 明治時代の商人。
天保(てんぽう)12年6月15日生まれ。青森県五所川原の酒造家婿養子となり,分家して呉服商「布嘉」をひらく。土地投資,地元金融にも進出し,明治30年五所川原銀行を設立した。37年貴族院議員。大正3年12月3日死去。74歳。陸奥(むつ)津軽郡(青森県)出身。本姓は中村。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android