佐々木市蔵(読み)ささきいちぞう

精選版 日本国語大辞典の解説

ささき‐いちぞう【佐々木市蔵】

邦楽家。常磐津三味線方。
[一] 初世。初名梅津見馬。前名佐々木幸八。鳥羽屋三右衛門の門弟で、初め江戸節の三味線方であったが、のち宮古路文字太夫の相方となる。延享四年(一七四七)文字太夫が常磐津と改称のときに市蔵と改名し、常磐津節の確立と興隆に貢献。作曲にもすぐれ、「蜘蛛の糸」などの名曲を残す。明和五年(一七六八)没。
[二] 二世。本名西村徳蔵。二世岸沢九蔵の門下。初名岸沢八五郎。のち同市蔵と改称し、天保一一年(一八四〇)佐々木姓を復活して二世となる。名人とうたわれ、「明烏」などの曲も残す。寛政一〇~文久元年(一七九八‐一八六一

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android