コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木経高 ささき つねたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木経高 ささき-つねたか

?-1221 鎌倉時代の武将。
佐々木秀義(ひでよし)の次男。平治(へいじ)の乱後,相模(さがみ)(神奈川県)の渋谷荘にのがれる。治承(じしょう)4年源頼朝挙兵にくわわり,功をたてて淡路(あわじ),阿波(あわ),土佐の守護となった。承久(じょうきゅう)の乱では後鳥羽(ごとば)上皇方に属して敗れ,北条泰時(やすとき)に降伏をうながされたが,承久3年6月16日自害。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

佐々木経高

没年:承久3.6.16(1221.7.7)
生年:生年不詳
鎌倉前期の武将。佐々木次郎ともいう。秀義と宇都宮氏の娘との次子。平治の乱後,父・兄弟らと共に本拠の近江国を離れ相模国渋谷荘に居住。治承4(1180)年の源頼朝の挙兵に,兄弟らと山木兼隆の襲撃に参加。その後頼朝の側近として行動し中務丞。淡路・阿波・土佐の守護および京都警衛に当たる。正治2(1200)年京に軍勢を集めたとして後鳥羽上皇の逆鱗に触れ,守護職以下の所帯を没収される。出家し法名経蓮。翌年赦され,阿波・淡路の守護に復帰。承久の乱(1221)には上皇の倒幕計画に加担した。敗北後鷲尾に逃れたが,北条泰時の投降を促す書状を見て自害した。

(佐々木文昭)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐々木経高
ささきつねたか
(?―1221)

鎌倉初期の武将。秀義(ひでよし)の次子。母は宇都宮(うつのみや)氏の女(むすめ)。中務丞(なかつかさのじょう)。通称次郎。平治(へいじ)の乱後相模(さがみ)国渋谷荘(しぶやのしょう)(神奈川県藤沢・大和(やまと)・綾瀬(あやせ)市近辺)に住し、1180年(治承4)の源頼朝(よりとも)の挙兵に際して活躍、その戦功により淡路、阿波(あわ)、土佐の守護職に任ぜられた。1200年(正治2)淡路の国務不履行のかどで後鳥羽院(ごとばいん)に訴えられ守護職を奪われたが翌年許された。03年(建仁3)院の命を受けて延暦寺(えんりゃくじ)堂衆(どうしゅう)を討った。21年(承久3)承久(じょうきゅう)の乱には院の側近にあって作戦の参画にあずかったが敗れ、土佐の鷲尾(わしお)(高知県高知市)に退いた。六波羅(ろくはら)に入った北条泰時(やすとき)は罪を許したが、同年6月16日自害した。法名経蓮(けいれん)[太田順三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の佐々木経高の言及

【淡路国】より

…8世紀中期以後は淡路は皇族の配流の地となり,淳仁天皇,不破内親王,早良(さわら)親王らが流された。【直木 孝次郎】
【中世】
 鎌倉時代の初め,武蔵の豪族横山時広が淡路守護となったらしいが,やがて近江の名族佐々木経高が阿波,土佐とともに3ヵ国の守護を兼ねた。経高は淡路国司の国務妨害,京都騒擾などの罪によりいったん解任され,横山時兼が守護となったが,時兼は和田の乱(1213)で没落し,経高が守護に復した。…

【阿波国】より


【中世】
 源平争乱のさなか,1185年(文治1)鎌倉幕府は守護・地頭設置の勅許を獲得する。そしてこの勅許をうけて,佐々木経高が淡路・阿波・土佐3国の守護に任ぜられる。阿波の中世のはじまりである。…

※「佐々木経高」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

佐々木経高の関連キーワード佐々木広綱高知(県)徳島(県)佐々木秀義横山時兼鎌倉時代阿波国平清基堤信遠淡路国土佐国没年

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android