コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐原の大祭 さわらのたいさい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐原の大祭
さわらのたいさい

千葉県香取市北西部佐原の旧市街を流れる小野川右岸の本宿と左岸の新宿で行なわれる夏祭り秋祭りの総称。夏祭りは本宿の八坂神社の祇園祭,秋祭りは新宿の諏訪神社の例祭をさす。祇園祭は本来旧暦 6月10日の祭りだが,今日では 7月10日以降の金曜日から日曜日に行なわれ,諏訪神社の例祭も本来は旧暦 7月27日だが,今日では 10月第2金曜日から日曜日までとなっている。どちらの祭りも山車年番(本宿),幣台年番(新宿)と呼ばれる任期 3年の年番町が祭り全般をとりしきり,年番町の交代が行なわれる年の祭りは本祭と呼ばれる。祇園祭には本宿の 10町内,諏訪神社の例祭には新宿の 14町内がそれぞれ下座連と呼ばれる囃子の乗る囃子台と神話・歴史上の人物などの人形を載せた露台からなる 2層構造の山車を引き回し,本祭の年にはすべての山車が決まった順序で動く。山車人形は毎年趣向を凝らしたものをつくっていたが,今日では毎年同じ人形を使っている。また,かつては山車を引くのは佐原旧市内の人々で,囃子は周辺の村人たちが担っていたが,近年は囃子も旧市内の人々が奏でるようになっている。2004年「佐原の山車行事」として国の重要無形民俗文化財に指定され,2016年に「山・鉾・屋台行事」の一つとして国際連合教育科学文化機関 UNESCOの世界無形遺産に登録された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

佐原の大祭

日本3大囃子(ばやし)の一つとされる「佐原囃子」と、高さ5メートル近い大人形や豪華な彫刻で飾られた山車で知られる。市中心部を流れる小野川を境に、東側の本宿地区が7月に夏祭り(八坂神社祇園祭)、西側の新宿地区が10月に秋祭り(諏訪神社秋祭り)を執り行う。11月末~12月初めにエチオピアで開かれるユネスコの政府間委員会で、「佐原の山車行事」を含む祭礼「山・鉾(ほこ)・屋台行事」(18府県の計33件)が、無形文化遺産に登録される見通し

(2016-11-18 朝日新聞 朝刊 ちば首都圏・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐原の大祭の関連情報