コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐原太郎右衛門 さばら たろうえもん

2件 の用語解説(佐原太郎右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐原太郎右衛門 さばら-たろうえもん

1682-1730 江戸時代中期の農民。
天和(てんな)2年生まれ。陸奥(むつ)信夫(しのぶ)郡(福島県)佐原村の人。享保(きょうほう)14年の信夫・伊達郡の農民一揆(いっき)の頭取。幕府の大森代官所に年貢減免を強訴(ごうそ),さらに江戸に潜伏して目安箱に訴状を投入したが捕らえられ,享保15年1月21日処刑された。49歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

佐原太郎右衛門

没年:享保15.1.21(1730.3.9)
生年:天和2(1682)
享保14(1729)年奥州信夫・伊達郡幕領一揆の頭取,義民。信夫郡佐原村(福島市)の生まれ。3月大森・川俣代官所支配の54カ村は種籾夫食拝借,年貢減免などを要求し強訴,のち太郎右衛門は江戸下谷長者町白子屋に潜伏。5月に訴状7カ条,6月に追訴状1カ条を評定所目安箱へ投入した。9月幕府は一揆首謀者94名を処罰,太郎右衛門は村に不在のまま「追放」となる。12月訴願活動中江戸で捕らえられ,翌15年1月佐原村荒田口で死罪獄門となった。生地には天明5(1785)年太郎右衛門一族の供養碑,明治44(1911)年「義民太郎右衛門之碑」,大正14(1925)年「義民終焉之地」の碑,昭和初年造営の義民霊堂がある。<参考文献>『福島市史』2・9巻

(阿部俊夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐原太郎右衛門の関連キーワード七条信方経済録信夫信夫山遠州信楽栗本直方斎藤彦内佐藤新右衛門伊達政宗(1)天初蘂源

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone