コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐喜真興英 さきま こうえい

2件 の用語解説(佐喜真興英の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐喜真興英 さきま-こうえい

1893-1925 明治-大正時代の民俗研究家。
明治26年10月26日生まれ。福岡や宮崎で判事をつとめるかたわら,民族・民俗学を研究。沖縄の民俗誌「南島説話」,古代社会の女性に関する「女人政治考」(遺稿)などの著作をのこした。大正14年6月13日死去。33歳。沖縄県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

佐喜真興英

没年:大正14.6.13(1925)
生年:明治26.10.26(1893)
大正期の沖縄研究者・民族学者。沖縄本島中部の宜野湾生まれる。一高から東京帝国大学法学部に進み,卒業後,判事として勤務するかたわら民族学の研究に没頭した。バッハオーフェンなどの進化主義人類学の影響を強く受け,短い生涯のなかで沖縄や民族学に関するすぐれた著作・論文を発表した。女権の問題を検討した『女人政治考』は柳田国男の激賞を受け,邪馬台国の女王卑弥呼の解釈に強い影響をおよぼした。<著作>佐喜真興英全集』全1巻

(高良倉吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐喜真興英の関連キーワード沖縄本島谷茶前節名護比嘉春潮加藤三吾金城朝永島袋源一郎田島利三郎田村浩真境名安興

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone