コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐喜真興英 さきま こうえい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐喜真興英 さきま-こうえい

1893-1925 明治-大正時代の民俗研究家。
明治26年10月26日生まれ。福岡や宮崎で判事をつとめるかたわら,民族・民俗学を研究。沖縄の民俗誌「南島説話」,古代社会の女性に関する「女人政治考」(遺稿)などの著作をのこした。大正14年6月13日死去。33歳。沖縄県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

佐喜真興英

没年:大正14.6.13(1925)
生年:明治26.10.26(1893)
大正期の沖縄研究者・民族学者。沖縄本島中部の宜野湾に生まれる。一高から東京帝国大学法学部に進み,卒業後,判事として勤務するかたわら民族学の研究に没頭した。バッハオーフェンなどの進化主義人類学の影響を強く受け,短い生涯のなかで沖縄や民族学に関するすぐれた著作・論文を発表した。女権の問題を検討した『女人政治考』は柳田国男の激賞を受け,邪馬台国の女王卑弥呼の解釈に強い影響をおよぼした。<著作>佐喜真興英全集』全1巻

(高良倉吉)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

佐喜真興英の関連キーワード佐喜真 興英大正時代