佐川 清(読み)サガワ キヨシ

20世紀日本人名事典の解説

佐川 清
サガワ キヨシ

昭和・平成期の実業家 佐川急便創業者。



生年
大正11(1922)年3月16日

没年
平成14(2002)年3月11日

出生地
新潟県頸城郡板倉村

学歴〔年〕
有恒学舎(旧制)卒

経歴
郷里を16歳で出奔。土建業、とび職などを経て、昭和23年建設業・佐川組を設立。32年妻と2人で京都‐大阪間で小口荷物を配達する“飛脚業”を開業。37年佐川急便を設立し、代表取締役。40年株式に改組し、代表取締役に就任。47年会長。日曜集配などの新サービスや徹底した歩合制の導入で急成長し、各地の運送業者との提携や吸収合併で販路を拡大、全国進出を図り一代で同社を業界屈指の巨大企業に育て上げた。一方で、同郷の田中角栄元首相ら政治家、芸能人、スポーツ選手とも深く関係し、豊富な資金をばらまき“日本一のタニマチ”とも呼ばれた。平成2年東京佐川急便事件で、旧運輸省の運送免許取得に絡み、金丸信元自民党副総裁や暴力団幹部への違法な金の流れが明るみに出て、政治スキャンダルに発展。真相解明に向けた証言が期待されたが、国会の証人喚問などを拒否。4年事件の責任を取り、グループ6社を合併した新制・佐川急便の発足とともに代表権のない社主となり、経営の一線から退いた。10年青年時代の思い出から、佐川急便の現状などを綴った著書「絶望!佐川急便に明日はない!」を出版。他の著書に「裸一貫の帝王学」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

佐川 清 (さがわ きよし)

生年月日:1922年3月16日
昭和時代;平成時代の実業家。佐川急便創業者
2002年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android