コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐波亘 さばわたる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐波亘
さばわたる

[生]1881.4.24. 横須賀
[没]1958.4.8. 東京
キリスト教の牧師。第七高等学校を経て東京帝国大学法科大学に学ぶ。 1908年,富士見町教会で植村正久より受洗,伝道を志して東京大学を中退し,東京神学社に学ぶ。 13年大森教会牧師となり,終生同教会を牧す。 14年植村正久の長女澄江と結婚。 51年日本基督教団を離脱して日本基督教会を創立。『植村正久と其の時代』 (6巻,1937~41) を編纂し,日本キリスト教史の基礎史料の集成に貢献した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐波亘 さば-わたる

1881-1958 明治-昭和時代の牧師。
明治14年4月24日生まれ。岳父の植村正久(まさひさ)により受洗。東京帝大を中退,東京神学社にまなぶ。大正2年大森教会に赴任。昭和26年日本基督(キリスト)教団を離脱し,日本基督教会の創立に参加,大会議長となった。昭和33年4月8日死去。76歳。神奈川県出身。編著に「植村正久と其の時代」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐波亘の関連キーワード日本キリスト教会粟津高明福音新報バラ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android