コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤功一 さとう こういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤功一 さとう-こういち

1878-1941 明治-昭和時代前期の建築家。
明治11年生まれ。三重県技師,宮内省内匠(たくみ)寮御用掛をへて,早大建築学科の創設に参加し,明治43年教授となる。かたわら大正7年建築設計事務所を開設。早大大隈(おおくま)記念講堂,日比谷公会堂などの作品がある。昭和16年6月22日死去。64歳。栃木県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐藤功一
さとうこういち
(1878―1941)

建築家。栃木県生まれ。1903年(明治36)東京帝国大学工科大学建築学科卒業。三重県技師、宮内省内匠(たくみ)寮御用掛を経て、辰野金吾(たつのきんご)の推挙により早稲田(わせだ)大学の建築学科創設に参加。10年教授となり、同年開設された早稲田工手学校の建築主任も兼務。18年(大正7)に建築設計事務所を設立し、21年には早稲田大学を退職して、設計活動に重点を置くとともに日本女子大学教授などを務めた。おもな作品に早稲田大学大隈(おおくま)記念講堂(1927)、日比谷(ひびや)公会堂(1929)、マツダビル(1934)、帝国林野局(1937)などがある。[天田起雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

佐藤功一の関連キーワード佐藤 武夫佐藤武夫建築家

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android