佐藤市郎(2)(読み)さとう いちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「佐藤市郎(2)」の解説

佐藤市郎(2) さとう-いちろう

1889-1958 大正-昭和時代前期の軍人
明治22年8月28日生まれ。岸信介,佐藤栄作長兄。フランス駐在,ジュネーブ軍縮会議随員をへて,昭和4年国際連盟海軍代表。(くれ)鎮守府参謀長,海軍大学校教頭などを歴任。13年海軍中将,旅順要港部司令官。昭和33年4月12日死去。68歳。山口県出身。海軍大学校卒。著作に「海軍五十年史」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android