佐藤鉄太郎(読み)さとう てつたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤鉄太郎 さとう-てつたろう

1866-1942 明治-大正時代の軍人。
慶応2年7月13日生まれ。日清戦争には軍艦赤城(あかぎ)航海長,日露戦争には第二艦隊参謀として従軍。のち海軍大学校校長となり,大正5年海軍中将。戦史研究家として知られ,著作に「帝国国防史論」がある。昭和9年貴族院議員。昭和17年3月4日死去。77歳。出羽(でわ)田川郡(山形県)出身。海軍大学校卒。本姓は平向。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android