佐野えんね(読み)さの えんね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐野えんね さの-えんね

1901-1995 昭和-平成時代のドイツ語学者,翻訳家。
1901年3月2日ドイツのケルン生まれ。昭和8年ドイツ語教師として来日し,佐野一彦と結婚。戦後は岐阜県で農業をいとなみながら愛知大教授をつとめ,日本の児童文学や古典文学をドイツ語に翻訳,紹介した。平成7年1月4日死去。93歳。ハノーバー女高師卒。旧名はエンネ=ゲルバー(Enne Gelber)。著作に「日本に住むと日本のくらし」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android