何なら(読み)なんなら

精選版 日本国語大辞典「何なら」の解説

なん‐なら【何なら】

〙 (「なん」に助動詞「なり」の未然形「なら」が付いてできたもの)
① 相手の意志・希望にかなうかどうかを、うかがう気持を表わす。もしよければ。都合によっては。
滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)二「爰から廿四五町ばかしもあります。なんなら馬でも雇てあげましゃうか」
② 相手の意志・希望にかなわないことを仮定する気持を表わす。お気に召さないなら。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「大束(おおたば)がなんなら、此下に小束(こたば)もありやす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「何なら」の解説

なん‐なら【何なら】

[副]《「なになら」の音変化》
相手が実現を希望していることを仮定する気持ちを表す。もしよければ。「何なら私のほうからお電話しましょう」
相手がそれを希望しないことを仮定する気持ちを表す。気に入らないなら。「ビール何なら日本酒にしましょうか」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android