コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何遜 かそんHe Xun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

何遜
かそん
He Xun

[生]?
[没]天監17(518)頃
中国,六朝時代の梁の詩人。たん (山東省) の人。字,仲言。官名によって何水部とも呼ばれた。陰鏗 (いんこう) とともに「陰何」と称され,風景や心境の描写にすぐれ,また音律修辞を練る詩風で,唐の近体詩の成立にも影響があった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

何遜の関連キーワード六朝時代山東省水部官名

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android