コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宋雲 そううん Song-yun

4件 の用語解説(宋雲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宋雲
そううん
Song-yun

中国,北魏の僧。敦煌 (甘粛省) の人。北魏時代,神亀1 (518) 年霊太后 (胡太后) の命を受けて慧生とともに仏典を得るため西域に使し,仏典 170部を持帰った。その旅行記として『宋雲家記』があったが,いまは失われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そううん【宋雲】

中国、南北朝時代の北魏の僧。518年、孝明帝の命を受けてインドに行き、梵語(ぼんご)経典を持ち帰った。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

そううん【宋雲 Sòng Yún】

中国の僧侶。敦煌の人。生没年不明。北魏末,孝明帝の使節として中央アジア諸国を訪問した。518年(神亀1),仏典を求めにゆく崇立寺の僧恵生らとともに洛陽を出発,西域南道を経て,エフタル,ウジャーナ,ガンダーラ各国を歴訪,それぞれ国書を捧呈した。帰国は521年(正光2)ころという。その旅行記は《洛陽伽藍記》巻五に《宋雲行紀》として付載され,当時の西域事情を知るうえで貴重な資料であるが,文献学的には種々の問題がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

そううん【宋雲】

北魏ほくぎの僧侶。518年、胡太后の命によりインドへ行き、経典一七〇部を収集。同時に、インド諸国との外交関係を樹立した。生没年未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宋雲の関連キーワード荊浩皎然竺法護施耐庵法照生没年・生歿年張萱道邃生没年『荘子』

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宋雲の関連情報