コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佗鉢可汗 たはつかがん Tuo-bo Ke-han; Tapar Khaghan

1件 の用語解説(佗鉢可汗の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佗鉢可汗
たはつかがん
Tuo-bo Ke-han; Tapar Khaghan

[生]?
[没]581
突厥帝国第4代の大カガン (在位 572~581) 。他鉢とも書く。伊利可汗の子。突厥の隆盛期にあたり,また中国,華北にあった北周北斉の対立を利用し,両方から多くの歳幣を得た。のち北斉が北周に敗れて突厥に逃れ,これとともに北周を討とうとしたが,579年佗鉢は北周と和親を結び,翌 580年北周の千金公主をめとった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佗鉢可汗の関連キーワード階乗Nエヌシャージャハーン三角数N末端残基Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Jānībeg KhānPoliteia tōn Romaiōn

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone