コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佚斎樗山 いっさい ちょざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佚斎樗山 いっさい-ちょざん

1659-1741 江戸時代前期-中期の武士,戯作(げさく)者。
万治(まんじ)2年3月27日生まれ。下総(しもうさ)関宿(せきやど)藩(千葉県)藩士老荘思想陽明学の精神が混交した庶民教化の談義本(教訓本)をあらわした。寛保(かんぽう)元年4月9日死去。83歳。姓は丹羽。名は忠明。通称は十郎右衛門。別号に可渓斎。著作に「田舎荘子」「田舎一休」「天狗芸術論」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

佚斎樗山

没年:寛保1.4.9(1741.5.23)
生年万治2.3.27(1659.5.18)
江戸時代の談義本作者。本名は丹羽十郎右衛門忠明。父定信の代より下総国関宿藩の久世家に仕える。享保12(1727)年刊の『田舎荘子』をはじめ,『河伯井蛙文談』『再来田舎一休』など,いわゆる「樗山七部の書」を著す。『田舎荘子』は,動物などの対話という形式を用いるなど,荘子の三言(寓言,重言,卮言)を表現方法とし,以後の老荘思想流行の端緒となる。京都の増穂残口と並び,広義の談義本の祖とされる。また,熊沢蕃山の影響も指摘されている。

(樫澤葉子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

佚斎樗山 (いっさいちょざん)

生年月日:1659年3月27日
江戸時代前期;中期の談義本作者
1741年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

佚斎樗山の関連キーワード生年月日中期戯作没年

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android