コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佚斎樗山 いっさい ちょざん

2件 の用語解説(佚斎樗山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佚斎樗山 いっさい-ちょざん

1659-1741 江戸時代前期-中期の武士,戯作(げさく)者。
万治(まんじ)2年3月27日生まれ。下総(しもうさ)関宿(せきやど)藩(千葉県)藩士。老荘思想陽明学の精神が混交した庶民教化の談義本(教訓本)をあらわした。寛保(かんぽう)元年4月9日死去。83歳。姓は丹羽。名は忠明。通称は十郎右衛門。別号に可渓斎。著作に「田舎荘子」「田舎一休」「天狗芸術論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

佚斎樗山

没年:寛保1.4.9(1741.5.23)
生年:万治2.3.27(1659.5.18)
江戸時代の談義本作者。本名は丹羽十郎右衛門忠明。父定信の代より下総国関宿藩の久世家に仕える。享保12(1727)年刊の『田舎荘子』をはじめ,『河伯井蛙文談』『再来田舎一休』など,いわゆる「樗山七部の書」を著す。『田舎荘子』は,動物などの対話という形式を用いるなど,荘子の三言(寓言,重言,卮言)を表現方法とし,以後の老荘思想流行の端緒となる。京都の増穂残口と並び,広義の談義本の祖とされる。また,熊沢蕃山の影響も指摘されている。

(樫澤葉子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佚斎樗山の関連キーワード本阿彌親平談義本門談義談義物伊藤単朴片山九郎右衛門(9代)静観房好阿丹羽桃丸十寸見藤十郎(3代)松永六郎右衛門

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone