コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作務衣 サムエ

デジタル大辞泉の解説

さむ‐え【作務衣】

禅宗寺院で、僧の作業着上着筒袖で打ち合わせをひもで結ぶ。下はズボン形で裾(すそ)を絞る。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

作務衣【さむえ】

禅宗寺院で僧が清掃その他の作業の時に着る衣服で,上衣は着物状の打ち合せで筒袖,下衣はゆったりしたもんぺ状の二部式になっている。〈作務〉はもともと禅宗の寺院ですべての労役のことをいった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本文化いろは事典の解説

作務衣

[男性用] 作務衣は甚兵衛と似た形で、上下に分かれているものが一般的です。左右の紐で留めるだけの簡単な着付けが特徴で、年中通して着用できる室内着です。元々は禅宗で作務(日常の雑務)を行う時に着ていた和服であるため、非常に動きやすい仕立てに出来ています。

出典|シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

さむえ【作務衣】

〘仏〙 作務のときに着る服。上は筒袖、下はズボン状。藍あい染めの木綿などで作る。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

作務衣の関連キーワード武州正藍染木綿金茶緇衣

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

作務衣の関連情報