コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作間渡世 さくまとせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

作間渡世
さくまとせい

作間かせぎ,農間 (のうかん) かせぎともいう。江戸時代,本来は商工業者の都市集中,農民の転業禁止により農業に専念すべき立場にあった農民が,『慶安の御触書』にもみえるように農耕の余暇に商業,工業,賃労働にたずさわったこと。炭焼き,たきぎとり,駄賃かせぎ,鍛冶,紺屋,大工,左官などの職人,機織藍玉繰綿,油しぼり,米つきなどの加工,農具や日用雑貨の小売店,居酒屋,煮売屋などの商いなど,地方によって雑多であり,兼業がたてまえで,わずかの営業税が課せられたが,やがて在郷商人に成長するものもあった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

作間渡世の関連キーワード御触書作間慶安

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android