コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

侘び ワビ

デジタル大辞泉の解説

わび【×侘び】

《動詞「わ(侘)びる」の連用形から》
茶道・俳諧などにおける美的理念の一。簡素の中に見いだされる清澄・閑寂な趣。中世以降に形成された美意識で、特に茶の湯で重視された。→寂(さび)
閑寂な生活を楽しむこと。
思いわずらうこと。悲嘆にくれること。
「今は我(あ)は―そしにける息の緒(を)に思ひし君をゆるさく思へば」〈・六四四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わび【侘び】

〔動詞「侘びる」の連用形から〕
飾りやおごりを捨てた、ひっそりとした枯淡な味わい。茶道・俳諧の理念の一つ。
閑静な生活を楽しむこと。 「 -住まい」
落胆。失意。つらく思うこと。 「今は我は-そしにける/万葉集 644

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

侘びの関連キーワード鳥籠の山・鳥篭の山千宗室(4代)久保長闇堂山藤 宗山粟田口善法真珠庵庭園山科宗甫武野紹鴎わやくや元良親王村田宗珠立花実山片桐石州侘び住い村田珠光笑止がる侘び数奇生き廻る思ひ馴る金森宗和

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android