コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サビ

デジタル大辞泉の解説

さび【寂】

《動詞「さ(寂)ぶ」の連用形から》
古びて味わいのあること。枯れた渋い趣。「のある茶碗」
閑寂枯淡の趣。「に徹した境地」
声の質で、低く渋みのあるもの。「のある声」
謡曲・語り物などの声の質で、声帯を強く震わせて発する、調子の低いもの。
連歌・俳諧、特に、蕉風俳諧で重んじられた理念。中世の幽玄わびの美意識にたち、もの静かで落ち着いた奥ゆかしい風情が、洗練されて自然と外ににおい出たもの。閑寂さが芸術化された句の情調。→撓(しおり)細み軽み

じゃく【寂】

[名]
仏語。仏道の修行により、生死を超越した悟りの境地に入ること。
僧が死んだことを表す語。年月日の下に付けて用いる。「明治九年
[ト・タル][文][形動タリ]まったく音がしないさま。静まりかえっているさま。ひっそり。「とした山寺の参道」

じゃく【寂】[漢字項目]

常用漢字] [音]ジャク(呉) セキ(漢) [訓]さび さびしい さびれる
〈ジャク〉
ひっそりと静かなさま。さびしい。「寂寂寂然(じゃくねん)寂寞(じゃくまく)閑寂静寂幽寂
僧が死ぬこと。「示寂入寂
〈セキ〉1に同じ。「寂寂寂然(せきぜん)寂寞(せきばく)寂寥(せきりょう)
[名のり]しず・ちか・やす

せき【寂】

[ト・タル][文][形動タリ]ひっそりとして静かなさま。「として声なし」
「生命の流れの―として充実した感じが」〈宮本伸子

せき【寂】[漢字項目]

じゃく

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さび【寂】

〔動詞「寂びる」の連用形から〕
古びて趣のあること。閑寂の趣。さびしみ。しずけさ。
枯れて渋みのあること。また、太くてすごみのあること。 「 -のある声」 「 -のきいた声」
しおり・細みなどとともに、蕉風俳諧の基調をなす静かで落ち着いた俳諧的境地・表現美。 → わびしおり細みかるみ
謡や語り物の発声の一。

じゃく【寂】

( 名 )
〘仏〙
煩悩ぼんのうを離れ、悟りに達すること。涅槃ねはん
僧侶の死を表す語。死亡の年月日の下に付けて用いる。 「昭和一〇年-」
( トタル ) [文] 形動タリ 
静かなさま。せき。 「広い家の中-として何の物音も無い/良人の自白 尚江

せき【寂】

( 形動タリ )
ひっそりと静まっているさま。 → 寂として(副)

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

寂の関連キーワード山口県岩国市錦町宇佐寂ぶ・荒ぶ・錆ぶ三宝院高賢随心院俊海能仁・能忍仁悟法親王大乗院隆温大乗院信雅蕉風俳諧円応禅師大江定基出口常順坂本光浄村上慈海広叔元運誡堂宗省越渓礼格春葩宗全森山観溪万誉顕道

寂の関連情報