コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

侯景の乱 こうけいのらん

2件 の用語解説(侯景の乱の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうけいのらん【侯景の乱】

中国,南朝の武帝治下の548年(太清2)8月,南予州刺史の侯景がおこした反乱。侯景は羯族(かつぞく)の出身,東魏からの投降将軍であった。反乱軍は寿春(安徽省寿県)からただちに都の建康(南京)を突き,翌年3月,数ヵ月にわたる籠城のすえ宮城は陥落。551年11月に侯景は即位して国号を漢と定めたが,王僧弁と陳霸先の連合軍の攻撃をうけて敗死した。この乱によって,50年におよんだ梁の武帝時代の平和の夢がやぶられただけでなく,江南の社会は上下をあげて壊滅的な打撃をこうむった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

侯景の乱
こうけいのらん

548年8月、中国、南朝の梁(りょう)に起こった反乱。侯景は羯(けつ)族の出身。元来東魏(とうぎ)の勇将として武勲をたてたが、高歓(こうかん)の死後、梁に投降し、南予州刺史(しし)の位を与えられていた。治所の寿春(安徽(あんき)省寿県)からただちに都の建康(南京(ナンキン))をついた反乱軍は、挙兵当初の1000人から10万人の大集団に膨れ上がったのに対し、王朝の援軍の足並みはそろわず、翌年3月、酸鼻を極めた籠城(ろうじょう)戦のすえ宮城は陥落、相次いで梁の武帝も死亡した。そのあと簡文帝(かんぶんてい)がたったものの、実権を手中にした侯景は、551年11月、自ら即位して国号を漢と定めた。しかし王僧弁(おうそうべん)と陳霸先(ちんはせん)の攻撃を受けて翌年4月に敗死。この乱によって、50年に及んだ梁の武帝治下の太平の夢が破られただけではなく、江南の社会は上下をあげて壊滅的な打撃を被った。589年の隋(ずい)の文帝による江南征服の遠因も、この乱に求めることができる。[吉川忠夫]
『吉川忠夫著『侯景の乱始末記』(中公新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の侯景の乱の言及

【魏晋南北朝時代】より

…貴族制を現状に合わせた蕭衍の時代は,南朝全期を通ずる最盛期であった。しかし半世紀になんなんとするその治世の末年には政治が弛緩し,それに乗じて侯景の乱が起こった。この内乱は頂点に登りつめた貴族階級に決定的な打撃を与えるとともに,南朝史の発展を大きく阻止した。…

※「侯景の乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

侯景の乱の関連キーワード石木ダム奈良市の財政と人員ロシアと民族累犯障害者・高齢者北但(ほくたん)大震災小仏峠テオドラ真諦天見富士

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone