俊成忠度・俊成忠則(読み)しゅんぜいただのり

精選版 日本国語大辞典「俊成忠度・俊成忠則」の解説

しゅんぜいただのり【俊成忠度・俊成忠則】

謡曲。二番目物。観世宝生金剛喜多流作者不詳。一の谷の合戦で平忠度を討ち取った岡部六彌太が、忠度の(えびら)の中にあった短冊を持って京都五条の藤原俊成を訪れると、忠度のが現われて、自分の歌が「千載集」によみ人知らずとして入れられた恨みを述べ、歌物語をし、修羅道の苦しみを示して消える。「平家物語」による。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android