コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平忠度 たいらのただのり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平忠度
たいらのただのり

[生]天養1(1144).京都
[没]元暦1(1184).2.7. 摂津,一ノ谷
平安時代末期の武将。薩摩守,正四位下。忠盛の子,清盛の弟。源平の合戦 (→治承の内乱 ) に活躍したが,一ノ谷の戦いで討たれた。小さいときから藤原俊成について和歌を学び,『千載集』『新勅撰和歌集』『玉葉集』などに 11首選ばれている。家の一門が都落ちした際,わざわざ淀から俊成のもとに取って返し,勅撰和歌集撰進のときは,自分の和歌も選んでほしいと依頼した。そこで俊成が『千載集』に「故郷の花」と題した1首を選び入れたが,朝敵平氏の出であるという理由で,「詠人不知 (よみびとしらず) 」とした。「さざ波や志賀の都は荒れにしを昔ながらの山桜かな」がそれである。歌集『平忠度朝臣歌集』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

平忠度【たいらのただのり】

平安末期の武将。忠盛の子。清盛の弟。薩摩守(さつまのかみ)。和歌をよくし,平家西走の途中京都に引き返し,師の藤原俊成(としなり)に歌集1巻を託した話は有名。一ノ谷の戦で戦死。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平忠度 たいらの-ただのり

1144-1184 平安時代後期の武将。
天養元年生まれ。平忠盛の子,平清盛の弟。源平の争乱で富士川の戦い,墨俣(すのまた)川の戦いなどの大将軍のひとり。寿永3年2月7日一ノ谷の戦いで源氏方の岡部忠澄に討たれた。41歳。歌人としてもすぐれ,藤原俊成に師事,歌は「千載和歌集」などにみえる。家集に「平忠度朝臣集」。
【格言など】さざ浪やしがのみやこはあれにしをむかしながらの山ざくらかな(「千載和歌集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

平忠度

没年:元暦1.2.7(1184.3.20)
生年:天養1(1144)
平安末期の武将,歌人。忠盛の子,清盛の末弟で,母は藤原為忠の娘ともいうが未詳。極官は正四位下薩摩守。源平争乱勃発以来,治承4(1180)年の富士川の戦,翌年の墨俣川の戦,寿永2(1183)年の礪波山の戦などの合戦に大将軍のひとりとして参戦。また歌人として有名で勅撰集にも入集。寿永2年の平氏都落ちに際し,師藤原俊成に詠草1巻を託した逸話は有名。そのなかの一首「さざ波や志賀の都はあれにしを昔ながらの山さくらかな」は『千載集』によみ人知らずとして載る。またその詠草も『平忠度集』(『群書類従』和歌部)として現存。翌元暦1(1184)年,一の谷の戦において岡部六弥太忠澄に討たれた。武将ながら風雅に長けた平氏の公達の典型であった。

(元木泰雄)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいらのただのり【平忠度】

1144‐84(天養1‐元暦1)
平安末期の武将。忠盛の子。清盛の弟。正四位下薩摩守。武勇にすぐれるとともに,藤原俊成に師事して和歌をよくした。1180年(治承4)の富士川の戦,83年(寿永2)の北陸遠征の副将軍などをつとめたが一ノ谷の戦で戦死。なお都落ちの途中で京都に引き返し詠草した1巻を俊成に託した話は有名である。自撰集《平忠度朝臣集》がある。【田中 文英】
[人物像と作品化]
 《平家物語》の〈忠度都落〉は,平家一門の運命を自覚した忠度が,都落ちにあたって,今生の思い出に俊成に和歌を託し,勅撰集への入集を乞うというものであるが,武人としての名誉よりも,和歌への執心を貫こうとしている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たいらのただのり【平忠度】

1144~1184) 平安末期の武将。忠盛の子。清盛の弟。薩摩守。和歌をよくした。都落ちの際、詠歌百余首を師の藤原俊成に託し、一門とともに西走、一谷で戦死した。家集「平忠度朝臣集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平忠度
たいらのただのり
(1144―1184)

平安末期の武将、歌人。忠盛(ただもり)の子、清盛(きよもり)の弟。正四位下薩摩守(さつまのかみ)。武人として優れているとともに、藤原俊成(しゅんぜい)に師事して、歌人としても有名。富士川における源氏との戦い(1180)に活躍し、1181年(養和1)と83年(寿永2)には、木曽義仲(きそよしなか)を討つべく北陸道に進撃した。しかし平氏の形勢は不利で、翌84年(元暦1)2月の一ノ谷の戦いで戦死した。「行きくれて木の下かげを宿とせば花やこよひの主(あるじ)ならまし」の一首を身につけていたという。和歌の師俊成が撰進(せんしん)した『千載(せんざい)和歌集』をはじめ諸歌集に歌を残している。自撰和歌集『平忠度朝臣(あそん)集』がある。[田辺久子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の平忠度の言及

【忠度】より

世阿弥作。シテは平忠度の霊。旅の僧(ワキ)が須磨の浦で山から薪を運ぶ老人(前ジテ)に出会い,平忠度にゆかりのある桜の木のもとで,忠度の弔いを頼まれる。…

※「平忠度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平忠度の関連キーワード兵庫県神戸市長田区駒ケ林町兵庫県神戸市長田区野田町一谷嫩軍記読人不知歌大悲千禄本薩摩の守藤原為業岡部忠澄俊成忠度岡部氏平経盛長等山湛増原氏

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平忠度の関連情報