コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俊成忠度/俊成忠則 シュンゼイタダノリ

大辞林 第三版の解説

しゅんぜいただのり【俊成忠度】

能の一。二番目物。内藤藤左衛門作。藤原俊成が、平忠度の供養をすると、その霊が現れ、千載集に自詠が読み人知らずとして入集された恨みを述べる。ことをわけた俊成の言葉に、忠度の霊は心を安めるが、にわかに修羅道の苦患を見せる。やがて、忠度の歌に感じた梵天ぼんてんに救われ、朝日とともに消え失せる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

俊成忠度/俊成忠則の関連キーワード能現行曲一覧鵜沢 雅野村四郎千載集修羅道一ノ谷謡曲火車働事苦患

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android