俊成忠度/俊成忠則(読み)シュンゼイタダノリ

大辞林 第三版の解説

しゅんぜいただのり【俊成忠度】

能の一。二番目物。内藤藤左衛門作。藤原俊成が、平忠度の供養をすると、その霊が現れ、千載集に自詠が読み人知らずとして入集された恨みを述べる。ことをわけた俊成の言葉に、忠度の霊は心を安めるが、にわかに修羅道の苦患を見せる。やがて、忠度の歌に感じた梵天ぼんてんに救われ、朝日とともに消え失せる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android