コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俊成忠度/俊成忠則 シュンゼイタダノリ

大辞林 第三版の解説

しゅんぜいただのり【俊成忠度】

能の一。二番目物。内藤藤左衛門作。藤原俊成が、平忠度の供養をすると、その霊が現れ、千載集に自詠が読み人知らずとして入集された恨みを述べる。ことをわけた俊成の言葉に、忠度の霊は心を安めるが、にわかに修羅道の苦患を見せる。やがて、忠度の歌に感じた梵天ぼんてんに救われ、朝日とともに消え失せる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

俊成忠度/俊成忠則の関連キーワード能現行曲一覧鵜沢 雅野村四郎修羅道千載集一ノ谷謡曲働事苦患火車

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android