俗客(読み)ぞっかく

精選版 日本国語大辞典「俗客」の解説

ぞっ‐かく ゾク‥【俗客】

〙 俗人のに対して在家の人。また、風雅の道のわからない人。無風流な人。ぞっきゃく。
※扶桑集(995‐999頃)七・右親衛源亜将軍忝見賜新、不勝再拝敢献鄙懐〈橘在列〉「為君更詠栢舟什、莫使風流俗客聞
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉五〇「世間俗客(ゾクカク)の無礼なる何ぞ斯の如くなるや」 〔杜甫‐先寄厳鄭公詩〕

ぞっ‐きゃく ゾク‥【俗客】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「俗客」の解説

ぞっ‐かく〔ゾク‐〕【俗客】

風流・風雅を理解できない人。また、僧に対して、在家の人。俗人。ぞっきゃく。
「世間―の無礼なる何ぞ斯の如くなるや」〈織田訳・花柳春話

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「俗客」の解説

【俗客】ぞくきやく・ぞくかく

世の平凡な人。唐・杜甫〔解悶、十二首、五〕詩 李陵・武は是れ吾が師 孟子の論に疑はず 一、未だ曾(かつ)て俗客を留めず 數、今見る、古人の詩

字通「俗」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android