コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保科正光 ほしな まさみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

保科正光 ほしな-まさみつ

1561-1631 織豊-江戸時代前期の大名。
永禄(えいろく)4年生まれ。信濃(しなの)高遠城主保科正直の長男。養母は徳川家康の妹。家康につかえ,小牧・長久手(ながくて)の戦い,小田原攻めにしたがう。天正(てんしょう)18年父とともに下総(しもうさ)多古(千葉県)にうつる。関ケ原の戦い後,旧領に復し,高遠藩主保科家初代となる。2万5000石。元和(げんな)4年3万石に加増された。寛永8年10月7日死去。71歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ほしなまさみつ【保科正光】

1561‐1631(永禄4‐寛永8)
江戸初期の大名。信濃国高遠城主保科正直の長子。1582年(天正10),22歳で徳川家康に属する。小牧・長久手の戦小田原征伐に従い,90年下総多胡に1万石を与えられた。93年(文禄2)従五位下肥後守,1600年(慶長5)高遠で2万5000石。両度の大坂の陣の軍功などにより18年(元和4)3万石に加増。名家の出と,継母(多劫君)が家康の異父妹であった縁で徳川家3代に寵があり,秀忠の第3子正之を嗣子とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

保科正光の関連キーワードカルヴァリョ武田信廉山本勘助グレバン保科正光本多忠政川中島の戦い大阪市営地下鉄狩野光信福島正則

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone