コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保科正光 ほしな まさみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

保科正光 ほしな-まさみつ

1561-1631 織豊-江戸時代前期の大名。
永禄(えいろく)4年生まれ。信濃(しなの)高遠城主保科正直の長男。養母徳川家康の妹。家康につかえ,小牧・長久手(ながくて)の戦い,小田原攻めにしたがう。天正(てんしょう)18年父とともに下総(しもうさ)多古(千葉県)にうつる。関ケ原の戦い後,旧領に復し,高遠藩主保科家初代となる。2万5000石。元和(げんな)4年3万石に加増された。寛永8年10月7日死去。71歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ほしなまさみつ【保科正光】

1561‐1631(永禄4‐寛永8)
江戸初期の大名。信濃国高遠城主保科正直の長子。1582年(天正10),22歳で徳川家康に属する。小牧・長久手の戦,小田原征伐に従い,90年下総多胡に1万石を与えられた。93年(文禄2)従五位下肥後守,1600年(慶長5)高遠で2万5000石。両度大坂の陣軍功などにより18年(元和4)3万石に加増。名家の出と,継母(多劫君)が家康の異父妹であった縁で徳川家3代に寵があり,秀忠の第3子正之を嗣子とした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

保科正光の関連キーワード浄光院(1)保科正之多古藩

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android