コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保育士 ほいくし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保育士
ほいくし

保育所児童養護施設などの児童福祉施設児童の保育にあたる者。児童福祉法に定められた国家資格。厚生労働大臣の指定する養成学校などを卒業するか保育士試験に合格した者に資格が与えられる。 1948年制定の児童福祉法施行令 13条では保育に従事する女子と規定され保母と呼ばれていたが,1977年の同施行令の改正で「男子にも準用する」となり,男性も保育に従事できるようになった。男性は長らく俗称で保父と呼ばれ,法律上の名称は保母のままであったが,1998年同施行令が改正され,1999年から男女とも保育士の名称が用いられることとなった。 2001年の児童福祉法改正により保育士資格は法定化され,保育士として働くためには都道府県に保育士登録することが義務づけられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ほいくし【保育士】

一定の資格をもち、保育所・養護施設などで児童の保育に従事する人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

保育士
ほいくし

保育士資格を得て、保育所、児童養護施設など児童福祉施設において児童の保育に従事する者をいう。保育士資格は、児童福祉法施行令(1948施行)によって、厚生労働大臣の指定を受けた保育士を養成する大学・短期大学・養成所を卒業した者、および知事の行う保育士試験に合格した者に、保育士資格取得証明書を授与して与えられる。
 児童福祉法によって児童福祉施設が制度化された1948年(昭和23)以降、児童福祉施設において児童の保育に従事する者の職名は「保母」といい、女性だけに限られていた。77年政令が改正され、男性も資格の取得が可能となり、児童福祉施設で保育に従事することができるようになった。しかし、その職名は児童福祉施設が制度化されて以来用いられてきた「保母」のまま改められず、男性は「保母に準ずるもの」とされていた。98年(平成10)の児童福祉法改正により、男性・女性のいずれにもふさわしい名称として現在の「保育士」に改められ、99年4月より用いられるようになった。[岡田正章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

保育士の関連キーワード保育所の施設基準と保育ママ事業日本メディカル福祉専門学校せいしん幼児園プール事故聖徳大学幼児教育専門学校認可保育所と認可外保育所認可保育所と認証保育所聖ヶ丘教育福祉専門学校待機児童と保育士不足自治体勤務の非正職員関西保育福祉専門学校チャイルドマインダー自治体の非常勤職員非常勤職員の特別職ピンクカラージョブ横浜こども専門学校養育支援訪問事業自治体の保育義務企業主導型保育所保育園と規制緩和自治体の独自基準

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

保育士の関連情報