信号場(読み)シンゴウジョウ

大辞林 第三版の解説

しんごうじょう【信号場】

停車場の一種。列車の行き違い、待ち合わせをするため、駅以外に待避線・信号機などを設けた場所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

信号場
しんごうじょう

列車の行き違いや待避、あるいは停車場間の途中において、他の線路に分岐する目的で設けられた停車場。旅客および貨物の取扱いなどの営業活動はいっさい行わない。一般に信号場は、停車場間が長く線路容量が低い区間の中間に設置され、行き違い設備を設けることにより、その区間を二分して線路容量を向上させる目的で、いわば単線から複線に移行する中間的な措置として考えられたものである。[土田 廣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の信号場の言及

【停車場】より

…停車場には,運転上必要なさまざまな業務機関として機関区,電車区,保線区,電気区などが配置される場合が多く,鉄道の輸送業務の基地とも称すべきものである。停車場をその業務内容によって,列車を停止させ旅客または貨物の取扱いを行う,もっぱら列車の組成または車両の入換えをする操車場,列車の行違い,待合せをするための施設で,旅客,貨物は扱わない信号場の3種に分類することもあるが,一般には駅のことを停車場という場合が多い。【古橋 正雄】。…

※「信号場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信号場の関連情報