信太正三(読み)しだ しょうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

信太正三 しだ-しょうぞう

1914-1972 昭和時代の哲学者。
大正3年3月3日生まれ。文部省図書局につとめる。戦後,横浜専門学校(現神奈川大),東洋大教授。戦前はヘーゲル,戦後はニーチェを中心に実存哲学倫理学の研究,禅と実存哲学の比較思想的研究をおこなった。昭和47年5月15日死去。58歳。秋田県出身。京都帝大卒。旧姓は木村。著作に「禅と実存哲学」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信太正三の関連情報