コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永遠回帰 えいえんかいきewige Wiederkunft

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

永遠回帰
えいえんかいき
ewige Wiederkunft

古来,ピタゴラス学派ヘラクレイトスストア派などによって説かれた,世界の出来事は円環運動を行なって永遠に繰返すという思想に,ニーチェは道徳的な意味を付与した。すなわち,生の各瞬間はもはや単に過ぎ行く現象ではなく,無限回も生起し回帰するがゆえに永遠の価値をもつものとされる。彼岸の生活などに希望を託さず,その一切の喜びや苦悩とともに現実の生を英雄的に肯定するという立場から説かれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の永遠回帰の言及

【永劫回帰】より

ニーチェ最晩年の思想を表すものとして有名な用語。〈永遠回帰〉とも言う。ニーチェはヨーロッパが依拠してきたいっさいのものを――主体や意識や理性という概念も,科学や宗教や民主主義も――生の実相から離れた虚偽であると看破した。…

※「永遠回帰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

永遠回帰の関連キーワードシジェ・ド・ブラバンミルチャ エリアーデ天地創造神話信太 正三エリアーデ永劫回帰原始美術堀一郎永劫

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android