信如尼(読み)しんにょに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

信如尼 しんにょに

1211-? 鎌倉時代の尼僧。
建暦(けんりゃく)元年生まれ。律宗。唐招提(とうしょうだい)寺の覚盛(かくじょう)について出家。弘長(こうちょう)2年大和(奈良県)中宮寺にはいり,同寺の復興につくす。文永11年(1274)に法隆寺でわが国最古の刺繍(ししゅう)天寿国曼荼羅(まんだら)繍帳を発見した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android