コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信如尼 しんにょに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

信如尼 しんにょに

1211-? 鎌倉時代の尼僧。
建暦(けんりゃく)元年生まれ。律宗。唐招提(とうしょうだい)寺の覚盛(かくじょう)について出家。弘長(こうちょう)2年大和(奈良県)中宮寺にはいり,同寺の復興につくす。文永11年(1274)に法隆寺でわが国最古の刺繍(ししゅう)天寿国曼荼羅(まんだら)繍帳を発見した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

信如尼の関連キーワード鎌倉時代尼僧建暦

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android